CONCEPT
森の草木や葉についた朝露に
太陽の光が差し込んで光り輝く様子は
人の心を幸せで包み込みます。
竹田の里山にまたひとつ
"光"となる場所が増える事を
皆さんに喜んで頂くため
la clarté ラ クラルテ(仏語で光、輝き、光明)
と名付けました。
薪オーブン
la clarte(ラ クラルテ)では県産の薪木を使用した薪オーブンでの料理が堪能できます。薪オーブンは2台あり、薪木を燃料に約300℃まで上昇します。どんな食材をも美味しく仕上げるという魔法の薪オーブンを使用しているのは福井では当店だけ。薪ならではのおいしい料理をご用意しております。
福井県産材の食器
地元である竹田地区のケヤキプレート、鯖江の河和田地区で特別にデザインしてもらった木製の器・桜の木のパン皿や栃の木で作ったまり椀を使用。温かみのあるまり椀やプレートは手に持つとその手触りに感動します。
すべてが手作り
約2年間かけて作った秋田県八幡平ポークを使用した自家製の生ハムや石川県能登豚の自家製ソーセージ、オリジナルのソースなど、オーナーシェフが厳選した素材を一品一品丁寧に調理しております。是非la clarté(ラ クラルテ)の料理をお楽しみください。
松下 ひかり
Hikari Matsushita
大学卒業後、名古屋にて舞台照明のプロとして12年間従事。結婚後、出産を機に竹田地区へ帰郷。子育てしながら限界集落に近い竹田地区の活性化活動にも力を注ぐ。2012年〜2016年 福井市内のフレンチレストラン「Les Queues」にて本格的な料理を学ぶ。薪火調理の魅力に強く惹かれ、地元竹田地区でのレストラン開店を決意し現在に至る。2017年 春より「la clarté」 オーナーシェフ 松下 ひかり